リタイヤしてから、在宅で副収入を得たい方へ!ネットワークビジネスで成功する方法をお伝えします。

おじいさんと孫

おじいさんと孫

グリム童話に「おじいさんと孫」のお話があります。

私はそれを読んで、胸をうつものがありました。

若い人にはなんだそんな話かと思われるかもしれませんが (^^ゞ


昔あるところにおじいさんが住んでいました。

おじいさんは息子夫婦と、孫の四人で暮らしていました。

おじいさんは年をとったため、
目がかすんで物がよくみえません。

耳も聞こえません。

ひざもふるえてます。

食卓についてもスプーンをちゃんとにぎることができずに、
食べ物をこぼしてしまいます。

それを見た息子夫婦は、
おじいさんをさんざんに怒ったあげく、
食卓から引きはなし、一人だけ部屋のすみに座らせて、
そこで食事をさせたのです。

でもこんどは、おじいさんの手がふるえて、
お皿を床に落として割ってしまいました。


そんなある日ことです。

孫が床に座ってしきりに板きれを集めて、
何か作っていました。

お父さんが何を作っているのかをたずねると、


男の子は、

「木の鉢をこしらえるんだ。
ぼくが大きくなったら、
お父さんとお母さんにもの鉢で食べさせてあげるよ」

と答えました。


それを聞いた若い夫婦は、
しばらく顔を見つめあっていましたが、
わっと泣き出し、おじいさんを食卓に連れもどしました。

そしてそれからは、
また前のように家族みんなで、
いっしょに食事をするようになった。


とさ ~(^^)~

コメント


認証コード2741

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional