リタイヤしてから、在宅で副収入を得たい方へ!ネットワークビジネスで成功する方法をお伝えします。

ホームページの保存方法

ホームページの保存方法

ファイルの種類
Webページ、完全
Webアーカイブ、単一のファイル
Webページ、HTMLのみ
テキストファイル

お気に入りのホームページを保存したいときがあります。

お勧めする簡単な方法は、保存場所を決めてから、
「ファイル」~「名前を付けて保存」をクリックします。

ファイル名(N)はそのままでいいです。


ファイルの種類(T)はWebアーカイブ、単一のファイルを選んで保存したら、
あとで探しやすいです。

但し、IE独自の保存形式のため、IE以外のブラウザでは正しく表示できません。

画像などを参考にしたい場合は、Webページ完全で保存してください。

保存のやり方は4種類あります。
その説明は以下を参考にしてください。

Webページ、完全

そのページ内の画像等も含めて、完全に保存します。

保存場所に「○○.htm」というファイルと「○○.files」というフォルダができます。

 ・「○○.htm」 : そのページのhtmlファイル
 ・「○○.files」 : 画像ファイルやスタイルシートファイル等が保存されている。

IE以外のブラウザ(Netscape等)でも再表示可能です。

Webアーカイブ、単一のファイル

「Webページ、完全」と違い、「○○○.mht」という1ファイルで保存されます。

但し、IE独自の保存形式のため、IE以外のブラウザでは正しく表示できません。

Webページ、HTMLのみ

htmlファイルのみ保存します。

画像ファイルなどは保存されません。

画像などが不要で、テキストとレイアウトを保存したい場合に使います。

テキストファイル

画像もレイアウトも必要なく、
テキスト情報だけが欲しいときに使います。

保存ファイルは「○○.txt」というテキストファイルになります。

a:3463 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional