リタイヤしてから、在宅で副収入を得たい方へ!ネットワークビジネスで成功する方法をお伝えします。

ネットワークビジネスの報酬プラン

FrontPage

ネットワークビジネスの報酬プラン

始めての人にとってマーケティングプランの説明を聞いても、
なかなかわかりづらいものがあります。

例え頭でわかっても正直なところ実感できない。
やはり実際やってみて経験することが一番です。

基本的にディストリビューターに対する、
ボーナス(ディストリビューターに支払われる毎月の収入のこと)は、
各社によっていろいろなマーケティングプランが、
用意されています。

毎月ノルマ、ノルマで走り回らなければ収入を維持できないような、
マーケティングプランなら、
ネットワークビジネスとしてのメリットはなかなか享受できません。

 
ネットワークビジネスは、
商品の愛用者の輪を広げていく普及活動が基本です。


当然、メンバーはその商品の詳しい特徴や、
それを使うことによって得られるメリットなどを十分理解し、
学習してから、スポンサー活動を開始することになります。


まず、商品知識と自らの体験を伝えることが最初の仕事です。


つぎに、報酬に関する取り決めを正確に伝えることが必要です。


愛用者を増やすだけでは、加速度的な収入アップは望めないからです。


ビジネスとして積極的に普及活動に取り組むメンバーを、
何人スポンサーできるかが勝負となります。


ビジネスとして取り組む上で、
実際に、
「どのような実績を挙げると、どのように報われるのか」
ということを正確に伝えること自体、商品知識に次いで重要なポイントなのです。


ですから、報酬プランはある程度理解することが大切です。


報酬プランは難解ですから、
あなたが何人紹介者を出せば、どれくらいの報酬になるかをイメージすること。
は重要です。


イメージしたら、千里の道も一歩からの気持ちで進んでいきましょう。

ステアステップ・ブレークアウェイ方式 とは、

最もポピュラーなプランで「多段階方式」とも呼ばれます。

売り上げによる昇格条件などを達成すると、
段階的に還元率が優遇され昇格していくシステムです。

以下にいろんなプランの説明がありますが、
これらのプランが単独で機能するのではなくて、
複合されてるプランが多くなっています。

プラン単独だと長所もあり、短所もありますから、
それを補うために、いいところを取り入れようとして複合プランになります。

ですから、簡単には理解出来にくいです。

ネットワークビジネスを始める場合は、
その会社の報酬プランの入り口だけは理解しておきましょう。

ステスアップとは、

売上ボリュームによって昇格できる。
到達点を設けている。

参加したメンバーは、まずその到達点を目標とします。
(タイトル、ランク、ポジション)

そのためにはいくつかのハードル(昇格条件など)を、超えなければなりません。

自分がそのポジションに到達した後は、
自分の下位メンバーが昇格条件を目指して頑張ったり、
条件を達成したりすることにより、
特定のメリットを受けることができるということです。

ステアステップの段階的な仕組みは一般の流通にも通じます。

一般の流通では、一度に仕入れる量によって仕入れ掛け率が変動しますし、
仕入れの累積実績によって安く仕入れることができる場合もあります。

普通の流通のシステムと似ている部分があることから、
初めての人でも違和感なくMLMに参加することができるメリットがあります。

ブレークアウエイとは、

ステアステップによって、特定の到達点に達すると、
今度は独立したグループとしてみなされます。
これがブレークアウェイです。

それまでは上位者の誰かのグループに所属していたことになります。

ディストリビューターの組織と売り上げが拡大すると共にボーナス率が高くなり、
グループのディストリビューターが最上位 のレベルを達成すると、
独立して(ブレークアウェイ)いくシステム。


そして独立した組織の売り上げに応じ、
オーバーライドというコミッションが得られる仕組み。


グループを育成してブレークウエイさせていけばいくほど収入は安定する。
また高い収入が期待できる。


育成ボーナスをもらうための条件があったり、
最上位 に上がるまでのハードルが高く、
組織が大きくなるまではなかなか収入にならないが短所です。

ユニレベルとは、

「ユニ」という意味は、「1」とか「単」という意味です。
複数に対する反意語の意味もあります。

ユニレベルでは、1人につき1レベルとして数えます。
ユニレベルでは個々がその対象となります。

レベル1はあなたが直接勧誘した会員です。

レベル2はレベル1が勧誘したメンバーです。

レベル3はレベル2が勧誘したという感じです。

ボーナスはダウンライン1段目からは何パーセント、
2段目からは何パーセント、という風に計算される。

このユニレベルも単純明快であるがゆえに、
他のプログラムと複合されて使用さています。

「伝えやすい、イメージしやすい」ということは、
ビジネスを進める上での重要なメリットとなり、
「1人が何人紹介者を出せば、何レベル先ではいくらの収入になる」
という収入計算が、
瞬時にできるのがユニレベルの大きな魅力なのです。

非常にシンプルなプログラムで説明がしやすく、
他のプログラムとも複合されやすいため、頻繁に使われています。

ブレークアウェイのように組織が拡大するに従って、
育成ボーナスの率が上がってくるのでなく、
フラット(ユニ・単一)な還元システム。

例えば自分のグループの5から7レベル(段階)まで、
単純にボーナスが得られる仕組み。

組織が大きくならなくてもそこそこの収入が見込める。
副業で携わる人には向いている。

自分のつくった全ての組織のボーナスは反映されない。
優秀な人は独立(ブレークアウェイ)していくから。

セブンアップとは、

ユニレベルのメリットを一層効果的に活用するために使われるようになったのが、
「セブンアップ」です。
セブンアップ方式を一言で表現すると、
「直紹介者の数によって還元されるレベルの奥行きが深くなる」となります。

「横に広げると遠くからも収入が届きますよ」ということす。

こう言われても、かなりわかりにくくなりましたね。

「より多くの愛用者を増やそう」ということだから、
ネットワークビジネスの合理性をダイレクトに実現したプログラムだともいえます。

ハイブリッドとは、

ハイブリッドは「異なったものが混ぜ合わさっている」という意味です。

二つ以上のプランが混ざった複合プランの意味です。

ハイブリッドとは混合とか混成とか言う意味。

一般 的にユニレベルの欠点を補い、
ブレークアウェイと組み合わせたものが多い。

ユニレベルに似ている。
ブレイクアウェイの要素を含んでいる。

マトリックスとは

マトリックスとは(バイナリーはこのマトリックスの一部)
数学の用語で行列をいう意味。

このシステムの特徴は自分が直接スポンサーできる、
ディストリビューターの数(ダウンラインの系列)を、
限定しているというところにある。

この数を2人にしたものをバイナリーと呼ぶ。

例えば自分が5人をスポンサーした場合、
2人は自分の直につけることができるが残りの3人は、
自分の直の2人の先に組み込まれて行くというもの。

自分のスポンサー能力が低くても、
上位のリーダーが自分のグループにつけてくれるので、
誰でも収入を手にしやすい。

どうしても他人任せの組織になりがち。

バイナリーとは、

会員は組織図上では2人の直紹介者しか出すことができないというプランです。

2の倍数で組織図が構成されていきます。

「強い上位者(直紹介者を多数出せる)のダウンにつくと、
自分の傘下が自動的に構築される」ということになり、
それまでのNBにはなかった新たなモチベーションが追加されることとなりました。

自分のダウンのメンバーに自分の紹介者を付けてやることができる
(損をすることはない)
唯一の仕組みがバイナリーの大きな特徴です。

ダウンをつけて貰えるのだからいいですね。
すこし甘い考えですが。

オーバーライトとは、

自己グループ内で独立してきたメンバーの、
PGSV(パーソナルグループセールスボリュウム)の一定額を
上位の同格者に保証する制度です。

「育成保証」「育成指導料」などと呼ばれる場合もありますが、
オーバーライドという呼び方が多く使われています。


FrontPage

a:13078 t:2 y:11

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional