リタイヤしてから、在宅で副収入を得たい方へ!ネットワークビジネスで成功する方法をお伝えします。

ネットワークビジネスと権利収入

FrontPage

ネットワークビジネスと権利収入

権利収入とは、

○ 作曲家や作家の著作権(著作者の死後50年まで)収入、

○ ビルの持ち主が賃貸契約から得る収入、

○ 預貯金の利子、(利子所得として一律に税率20%、内所得税15%、住民税5%)

○ 特許料(有効期限は出願の日から20年)、

など、長期間の不労所得のことを言います。


ネットワークビジネスの権利収入という語句から、
皆さんはどのように思われますか?


■ なにか胡散臭いと思う人。

■ 自動的に収入が入ってくるので、これほど素晴らしいものはないと思う人。

のどちらかだと推測します。

警告

あることをすこししたら、
あとはなにもしなくても自動的に収入になるというのは大嘘ですから(-_-)

ネットワークビジネスの権利収入は、
胡散臭いと思われている人が多いのが現実ですが、
ネットワークビジネスの権利収入について書いてみます。

権利の対義語は義務です。

権利とは、

物事を自分の意思によってなしうる資格、ある利益を主張し、
それを受け取ることのできる力。

義務とは

その立場にある人として、
当然やらなければいけないとされていること。

です。


権利を主張するからには義務が発生します。

大切なのは、
「正しいネットワークビジネスの活動の仕方」ということになります。


商品を無理強いして購入させたり、
ビジネスに無理やり誘ったりすることは違法行為となります。

もちろん商品に関して偽った説明をすることは論外です。

サプリメント系のネットワークビジネスでは薬事法なども絡みます。

これらをしたり、疎かにしたりすると、
ネットワークビジネスの信用、あなたの信用をなくしてしまいます。

ビジネスが悪いのではなく、ビジネスをする人間が悪いのです。

権利収入を得るには、
それなりの義務(責任)を持った活動をする必要があります。

a:5077 t:1 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional