リタイヤしてから、在宅で副収入を得たい方へ!ネットワークビジネスで成功する方法をお伝えします。

ネットワークビジネスとレバレッジ

FrontPage

ネットワークビジネスとレバレッジ

ウィキペディヤで調べると、

レバレッジ(英語 leverage,gearing,levering)とは、
経済活動において、他人資本を使うことで、
自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。


てこを使えば軽い錘で重い荷物を動かせるように、(てこの原理)
レバレッジを使えば、少ない自己資本で大きな資本を動かせる。

と書いています。


他人の資本を使って利益を出すというと、
少々不快に感じるのは私だけでしょうか?


ここでは、一人でする仕事より、
三人でする仕事のほうが能率が上がり、
いい仕事ができると解釈しましょう。


お金持ちになるためには、
「レバレッジ(テコ)」を使う必要があります。


一部のスポーツ選手やタレントなどの、
特別な才能をもっている人を除いては、
自分が一人でどんなにがんばって働いても、
一馬力で働ける時間には物理的に限界があるため、
決して大きな収入を得ることはできません。


しかし、例えば会社を作って従業員を雇って働いてもらえば、
従業員が自分の代わりに、働いてくれることで、
自分一人で働く以上の労働効率を上げることができます。


つまりこの場合、従業員がレバレッジになってくれるわけです。
(この箇所は不快に思われるかもしれませんが、先に進みましょう)


また、大きな資金を持っている人が、
安定した投資をして利息で収入を得ているのは、
お金そのものをレバレッジとして使っているわけです。


そして、会社を起こしたり、
低金利の利息でも大きな収入が得られるような潤沢な資金を持っていなくても、
また数千万円という初期投資がない一般の人でも、
会社を起こし事業レベルでの収入を得るのと同じだけの、
「レバレッジ」を持つことができるのが、
他でもないネットワークビジネスです。


例えば貴方がある製品を一人で販売しているとします。


貴方がどれほど優れたセールスマンだったとしても、
一人一人に平等に与えられた1日24時間という時間の中で、
1人で1日に販売できる数には必ず限界があります。


しかし、ネットワークビジネスでは、
貴方は自分の代理店を作り育てることで、
その代理店が販売した売上からもマージンを得ることができるのです。


そしてさらには、その代理店が作った貴方から見て2段目の代理店、
さらに3段目の代理店・4段目・5段目・と・・・


貴方が構築した代理店組織で、
同時多発的に発生する多くの売上から、
貴方は一定のルールのもとに、
大きな間接的なマージンを得ることが可能です。


FrontPage

a:4855 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional