リタイヤしてから、在宅で副収入を得たい方へ!ネットワークビジネスで成功する方法をお伝えします。

てこの原理の効果

てこの原理の効果

ネットワークビジネスにおいて、
てこの原理がどのようにあなたに作用するのかを考えて見ましょう。


たとえば、あなたが1日に1時間の仕事をするとします。
あなたは3人のビジネスメンバーを誘いました。
その3人も同じように1日に1時間の仕事をします。


この3人もそれぞれ3人の人をリクルートして、
3世代まで繰り返されたとしましょう。
39人があなたのために働くことになります。


かれらが皆あなたと同じように1日1時間だけ働いたとしたら、


39人 x 1時間 = 39時間


あなたはあなたのいない所で1日に39時間働いていることになります。


ネットワークビジネスが持つ幾何級数的な成長のパワーは、
大きな「てこの原理」を生み出すのです。


この収入は一度築き上げる繰り返し利益を生み出す権利収入です。


もちろん実際にやってみると、
このようにうまく行かない場合もたくさんあります。
だが逆に想像以上にうまくいくケースもあるのです。


あなた一人で出来る労働力、仕事というのには、
一生をかけたとしても限界があります。


その限界を超えるには、
人を雇って、てこの原理を働かさなければいけませんが、
ネットワークビジネスにおいては人を雇わず、
低リスクでてこの原理を手に入れる事が出来るのです。


これ以外には、人を雇うことによって、
他人の時間を使って、レバレッジ効果を出す方法があります。


マクドナルドは、全国で、ものすごい数の社員や、
アルバイト、パートさんを雇うことによって、
他人の時間を利用して、あれだけもハンバーガーを販売できるのです。


人と共同でビジネスをする場合などもあります。
他人との共同でする場合、
相手の能力などをリバレッジとして使うことになります。


ネットワークビジネスは人との関係で、
リバレッジ効果をだすビジネスです。


自分一人では、ネットワークビジネスの成功はありません。


このてこの原理を手に入れるためには、
相当な知識と経験、才能が必要です。


てこの原理を働かせるには、
下記の2通りの方法を実践する必要があるからです。


1.人を働かせる


2.お金を働かせる


人を働かせるには、あなたが会社を立ち上げて、
人を雇い、教育し、給料を払いながら働かせる必要があります。
これには相当な努力と時間とリスクが必要です。


従業員がきちんとあなたの思うとおりに、
働いてくれることはまずありません。
きちんと働く従業員はいずれ独立して自分で稼ぐようになるでしょう。


本当に「てこの原理」を得るには、
全ての人が、公平に同じだけの利益をあげることができる環境を作ることです。


FrontPage

a:6911 t:1 y:10

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional